メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

司法制度改革の今

但木敬一氏

 司法制度改革推進計画が2002年に閣議決定されて15年が経過した。「社会の多様化や国際化に伴い、司法の機能を充実強化することが不可欠」と進められた改革。刑事裁判への国民参加に道を開いた裁判員制度や、法曹人口の増加方針、法科大学院制度の新設などを通じ、当初の理念は実現されているのか。成果と課題を聞いた。

この記事は有料記事です。

残り4367文字(全文4519文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 「ゲッベルスと私」 全体主義描いた映画、続々公開 同じ過ちを犯さぬために
  2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  3. ジョジョの奇妙な冒険 第5部「黄金の風」がテレビアニメ化 10月放送開始
  4. カフェイン中毒死 九州の20代男性、大量摂取で 「エナジードリンク」常飲
  5. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]