メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

トランプ大統領 就任1年 排外主義は米にテロ招く=國枝すみれ(ニューヨーク支局)

米南部バージニア州で白人至上主義者と市民が衝突後、トランプ大統領に反発し、人種差別主義に抗議する市民=ニューヨーク市のトランプタワー近くで2017年8月14日、國枝すみれ撮影

 トランプ米大統領の就任から1年たち、米社会の激変を感じている。トランプ氏が不法移民やイスラム教徒に対する差別発言を続けることで、差別に同調する雰囲気が生まれ、過激主義者にテロの口実を与えている。米国はかつてないテロのリスクに直面していると危惧する。

「反イスラム」 伝染する差別

 「同じ食べ物を食べないやつらを信じられるか」。1月中旬、西部アリゾナ州で不法移民全員の強制送還を求める共和党政治家の集会で、トランプ支持者の発言に驚いた。イスラム教徒の入国に反対する理由として、「その一人がニューヨークでテロを起こしたじゃないか」という支持者もいた。一般市民が差別や偏見に満ちた言葉を平気で口にするようになっている。支持者の多くは、貧しい国からの難民や不法移民を「社会の重荷」とみていた。

 トランプ氏は2015年6月の出馬宣言でメキシコ人を「レイプ犯」と呼び、就任直後にイスラム教国からの…

この記事は有料記事です。

残り1607文字(全文1999文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  4. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  5. 横審、白鵬の三本締めに違和感 「一力士としてやれる立場か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです