メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2014年2月に関東地方で起きた大雪では、雪の重みでカーポートが崩れる被害が多発した=埼玉県鴻巣市で、損保ジャパン日本興亜提供

 新潟県で電車が立ち往生したり、東京都心で交通が大混乱したりと今年も大雪が猛威を振るっている。大雪による災害への備えに役立つ火災保険を解説する。

 雪による暮らしへの被害は、建物や家財の損害▽路面凍結での自動車スリップ事故▽転倒や雪下ろし中の転落によるけが--に分けられる。

 ●補償対象さまざま

 建物などの損害は「火災保険」で補償されるのが一般的。火災保険は、火災や落雷、破裂・爆発に加え風災、ひょう災、雪災の補償がセットになっており、床上浸水などの「水災」は契約によって補償されるものとされないものがある。

 対象は「建物」と「家財」をそれぞれ選ぶことができる。建物では自宅の屋根や窓ガラスのほか門や塀、物置…

この記事は有料記事です。

残り1271文字(全文1574文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ペイペイ、「100億円あげちゃうキャンペーン」を13日で終了
  2. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  3. QRコード決済 ソフトバンク系ペイペイ、「奪首」へ100億円還元 競争激化
  4. 厚労省、妊婦加算の自己負担廃止へ 「妊婦税」批判高まり
  5. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです