メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シラスウナギ

輸入激減 前期の8%、記録的高値、品薄に

 国内の養殖池で育てるため、主要取引先の香港から輸入されたニホンウナギの稚魚「シラスウナギ」の量が2017年11、12月は前年同時期の92%減となり、単価は2.4倍の1キロ当たり300万円超に高騰していることが財務省の貿易統計から2日、明らかになった。アジア全域で極度の不漁に陥っていることが背景とみられる。国内の漁獲量も低迷しており、業界関係者は「ウナギの消費がピークを迎える今夏は、品薄と高騰が避けられそうにない」と話している。

 日本は毎年シラスウナギを輸入しており、香港からが大半を占める。貿易統計によると、今期の漁が始まった…

この記事は有料記事です。

残り614文字(全文880文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大リーグ 大谷、再戦で成長の跡 対バーランダー
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  4. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
  5. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]