メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みちのく建物探訪

丸森町 斎理屋敷 当主の個性光る蔵 /宮城

通りに面して立つ「店蔵」は斎理屋敷で最も古い。1階では土産物を販売している=丸森町で

 約6000平方メートルの敷地に残る個性豊かな蔵や避雷針、石風呂--。江戸後期から昭和にかけ、7代続いた豪商「斎藤家」の屋敷跡「斎理屋敷」は、当時の豊かな暮らしぶりを今に伝える。

 斎藤家は、丸森町で呉服商など幅広い商売を営んできた。最後の当主は1950年に店と蔵を閉め、仙台に移住。亡くなる前年の86年、所蔵品も含めて町に寄贈した。同町は88年、長く封印されてきた屋敷跡を整備し「蔵の郷土館」として公開している。

 通りに面して建つのは、なまこ壁と大きなのれんが目をひく土蔵造り2階建ての「店蔵」で、1848年に建…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです