メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊島の産廃問題

汚泥、掘削完了を確認 専門家らが現地調査 /香川

産廃汚泥が除かれた穴で、産廃類が残っていないことを確かめる香川大工学部の山中稔教授(左から2人目)ら=香川県土庄町・豊島の処分地で、植松晃一撮影

 豊島(土庄町)で産業廃棄物の汚泥約85トンが新たに見つかった問題で、専門家や住民代表が2日、現場の処分地で掘削が完了したことを目視で確認した。成分は解析中で、県は判明次第、処理方法を検討する。

 汚泥は、不法投棄された産廃の搬出が終わったとされた処分地で1月25日に見つかった。深さ1・5~4メートルにわたり、5メートル四方に広がっていたという。

 2日は、豊島廃棄物等処理事業フォローアップ委員会で技術アドバイザーを務める山中稔・香川大工学部教授…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文475文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 私立岩田中 体育で倒れ3年生死亡 遺族と学校、県庁で協議 第三者交え再調査へ /大分
  4. 寝屋川中1殺害、山田被告に厳刑へ 大阪地裁
  5. 札幌爆発事故 割れた窓、募る寒さ 本格復旧は来年へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです