メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ1年

世界はこう見る 中南米、関係悪化の懸念 ブラジル・社会学者(国際関係) デメトリオ・オギノリ氏

 米国と中南米の関係を大きく左右するのは7月のメキシコ大統領選だ。トランプ政権がメキシコに厳しいため、対米強硬路線の左派ロペス・オブラドル候補が当選する可能性が高まっている。両氏は政治的には左右反対だが、ナショナリストという共通点がある。

 トランプ大統領はメキシコなどが容認できない内容に北米自由貿易協定(NAFTA)を変えようとしており、交渉は進んでいない。メキシコ大統領選前に米国が離脱する可能性がある。オブラドル氏が当選すれば、両国関係は悪化するだろう。

 キューバに関し、トランプ政権は、オバマ前政権が始めた経済制裁の解除や観光の自由化などを後退させた。…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文603文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三越伊勢丹 再編を加速 札幌の1館閉鎖検討
  2. 大阪府警 出会い系売春あっせん24人逮捕 大規模組織か
  3. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  4. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回
  5. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです