メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ1年

世界はこう見る 中南米、関係悪化の懸念 ブラジル・社会学者(国際関係) デメトリオ・オギノリ氏

 米国と中南米の関係を大きく左右するのは7月のメキシコ大統領選だ。トランプ政権がメキシコに厳しいため、対米強硬路線の左派ロペス・オブラドル候補が当選する可能性が高まっている。両氏は政治的には左右反対だが、ナショナリストという共通点がある。

 トランプ大統領はメキシコなどが容認できない内容に北米自由貿易協定(NAFTA)を変えようとしており、交渉は進んでいない。メキシコ大統領選前に米国が離脱する可能性がある。オブラドル氏が当選すれば、両国関係は悪化するだろう。

 キューバに関し、トランプ政権は、オバマ前政権が始めた経済制裁の解除や観光の自由化などを後退させた。…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文603文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
  2. クックパッドニュース [裏ワザ]「袋入り味噌」を今すぐきれいに容器に移す方法
  3. 西日本豪雨 親が片付け中に子供預かるボランティアも
  4. サッカー 柴崎岳選手が女優の真野恵里菜さんと結婚
  5. 民泊 解禁1カ月 京都市内、25件増の47件どまり 採算不透明、足踏み /京都

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]