メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eスポーツ

対戦ゲーム、世界熱狂 反射神経・動体視力・集中力で勝負 日本も普及本腰 乱立団体を統合

6人ずつのチームに分かれて相手を銃などで倒すゲームで対戦するeスポーツの選手たち。手元のキーボードでキャラクターを操作する=日本eスポーツ協会提供

 海外では競技人口が1億人を超え、若者を熱狂させている対戦型コンピューターゲーム「eスポーツ」が国内でも広がっている。乱立していた団体が1日に「日本eスポーツ連合」として統合された。「eスポーツ元年」と位置づけ、プロ資格の創設など市場拡大に向けた動きを本格化させる。現状と可能性を探った。【松本晃】

 「eスポーツが大きく飛躍する年が来た」。東京都内で1日にあった日本連合の設立会見で、プロチームを運営する梅崎伸幸氏は熱く語った。報道陣も100人以上集まり、関心の高さを見せた。

 オランダの調査会社Newzooによると、世界の市場規模は2016年に4億9300万ドル(約540億…

この記事は有料記事です。

残り1511文字(全文1799文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
  2. アイス ピノがCMをやめた理由
  3. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  4. 特別展 破損した本、泣いている 全国で被害相次ぎ「マナー守って」 県立図書館 /鳥取
  5. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]