メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

環境省

象牙違法取引を監視 Gメン配置へ 4月から、業者立ち入り権限

日本国内の骨董店で出回っている象牙製品。中国人客向けに「日本製」との中国語表記も見られる=トラフィック提供

 中川雅治環境相は2日の閣議後記者会見で、地方環境事務所4カ所に4月、「象牙取り締まりGメン」を1人ずつ配置することを明らかにした。密輸など違法行為に対する監視を強化する。

 規制や罰則の強化を盛り込んだ昨年の種の保存法改正に伴う取り組み。Gメンは新たな専門職員「取引監視係長」で、関東、中部、近畿、九州の各地方環境事務所に置…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文407文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 原爆写真カラー化 がれき画像500枚学習 記憶すり合せ
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  5. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです