メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外イチロー、第一線退く意向 球団に伝える
名作の現場

第35回 中上健次『枯木灘』 案内人・島田雅彦(その1)

文壇バー「風花」で中上健次をしのぶ島田雅彦さん=東京都新宿区で、鶴谷真撮影

 文壇の中心ながら早世した中上健次(1946~92年)。行きつけだった東京・新宿のバーを作家の島田雅彦さんが訪ね、代表作『枯木灘』の世界に思いをはせた。

血族の濃密すぎる愛憎

 日本の近代文学は前近代の家族制度に伴う呪縛から逃れることを目指し、おのが出自、血縁を呪う主人公を複数輩出して来た。彼らは良家と姻戚関係を結ぶための政略としての結婚、家業や家名を存続させるための養子縁組、家督の相続を巡る骨肉の争い、世襲化、固定化された職業、階級といった問題に常に直面していた。『破戒』の島崎藤村然(しか)り、養子としての過去に悩んだ夏目漱石然り、母の狂気の血統を恐れた芥川龍之介然りである。

 小松左京は『日本沈没』で「琵琶湖の小アユ論」なるものを展開している。戦前の日本社会では「家」や「世…

この記事は有料記事です。

残り1157文字(全文1497文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉
  2. 300キロ超大物クロマグロ 和歌山・那智勝浦
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 器物損壊 原爆ドーム前の慰霊碑に汚物? 広島中央署捜査 /広島
  5. 運転手足りない 見直し相次ぐ路線バス 沿線住民からは不安の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです