メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本相撲協会

理事候補選 覚悟の落選、真意語らず 貴乃花親方、わずか2票

日本相撲協会理事候補選挙の投票に臨む貴乃花親方=丸山博撮影

 東京・両国国技館で2日、投開票された、任期(2年)満了に伴う日本相撲協会の理事候補選挙(定員10、外部3人を除く)で、5度目の当選を目指した貴乃花親方は、わずか2票で落選した。自身の1票に、別の1票しか加わらなかった。【倉沢仁志】

 最多得票は前回6票で落選した伊勢ケ浜一門の高島親方の12票で、現理事長の八角親方は11票だった。

 選挙後、多くの報道陣に囲まれた貴乃花親方は、質問に無言を貫いた。先月31日の弟子の新十両記者会見で…

この記事は有料記事です。

残り2387文字(全文2602文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  3. 女子高生とのわいせつ動画 ネット公開容疑で男逮捕 4000万円収入か
  4. SNSで自分の裸の画像や動画販売容疑 15~17歳の少女3人を書類送検 福岡県警
  5. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです