メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本相撲協会

理事候補選 覚悟の落選、真意語らず 貴乃花親方、わずか2票

日本相撲協会理事候補選挙の投票に臨む貴乃花親方=丸山博撮影

 東京・両国国技館で2日、投開票された、任期(2年)満了に伴う日本相撲協会の理事候補選挙(定員10、外部3人を除く)で、5度目の当選を目指した貴乃花親方は、わずか2票で落選した。自身の1票に、別の1票しか加わらなかった。【倉沢仁志】

 最多得票は前回6票で落選した伊勢ケ浜一門の高島親方の12票で、現理事長の八角親方は11票だった。

 選挙後、多くの報道陣に囲まれた貴乃花親方は、質問に無言を貫いた。先月31日の弟子の新十両記者会見で…

この記事は有料記事です。

残り2387文字(全文2602文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ
  5. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです