メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 「福岡になじんだけど被災の話はできない」「ふと福島に帰りたくなる」。福岡市中央区の居酒屋「皓(こう)の月」で昨年11月、東京電力福島第1原発事故の避難者が集まった「7年目のごはん会」。福島県や千葉県から九州に移住した男女20人が、企画した店主の塩田浩一(ひろかず)さん(53)が振る舞う料理に舌鼓を打ち近況を報告し合った。福島県の名物「喜多方ラーメン」が運ばれると、わき上がる湯気の向こうで参加者の笑顔が広がった。

 塩田さんは福島県須賀川市で生まれ、地元で10年近く居酒屋を切り盛りした。だが2011年の原発事故で…

この記事は有料記事です。

残り436文字(全文694文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. カフェイン中毒死 九州の20代男性、大量摂取で 「エナジードリンク」常飲
  3. 資産家急死 飼い犬死骸を捜索 覚醒剤成分有無を調査へ
  4. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女
  5. サッカーキング 白星発進の日本、試合後はサポーターがゴミ拾い…コロンビア紙が賛辞

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]