メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 「福岡になじんだけど被災の話はできない」「ふと福島に帰りたくなる」。福岡市中央区の居酒屋「皓(こう)の月」で昨年11月、東京電力福島第1原発事故の避難者が集まった「7年目のごはん会」。福島県や千葉県から九州に移住した男女20人が、企画した店主の塩田浩一(ひろかず)さん(53)が振る舞う料理に舌鼓を打ち近況を報告し合った。福島県の名物「喜多方ラーメン」が運ばれると、わき上がる湯気の向こうで参加者の笑顔が広がった。

 塩田さんは福島県須賀川市で生まれ、地元で10年近く居酒屋を切り盛りした。だが2011年の原発事故で…

この記事は有料記事です。

残り436文字(全文694文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  2. 群馬・高崎 石灯籠の下敷きに、中学生死亡
  3. 世界の雑記帳 米女子生徒、祖父の遺灰入りクッキーをクラスメートに配る=警察
  4. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  5. サウジ政府 記者死亡を認める「口論と殴り合いの結果」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです