メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 「福岡になじんだけど被災の話はできない」「ふと福島に帰りたくなる」。福岡市中央区の居酒屋「皓(こう)の月」で昨年11月、東京電力福島第1原発事故の避難者が集まった「7年目のごはん会」。福島県や千葉県から九州に移住した男女20人が、企画した店主の塩田浩一(ひろかず)さん(53)が振る舞う料理に舌鼓を打ち近況を報告し合った。福島県の名物「喜多方ラーメン」が運ばれると、わき上がる湯気の向こうで参加者の笑顔が広がった。

 塩田さんは福島県須賀川市で生まれ、地元で10年近く居酒屋を切り盛りした。だが2011年の原発事故で…

この記事は有料記事です。

残り436文字(全文694文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  4. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  5. WEB CARTOP 高速道路が渋滞していても一般道に降りないほうがいいワケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです