メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 「福岡になじんだけど被災の話はできない」「ふと福島に帰りたくなる」。福岡市中央区の居酒屋「皓(こう)の月」で昨年11月、東京電力福島第1原発事故の避難者が集まった「7年目のごはん会」。福島県や千葉県から九州に移住した男女20人が、企画した店主の塩田浩一(ひろかず)さん(53)が振る舞う料理に舌鼓を打ち近況を報告し合った。福島県の名物「喜多方ラーメン」が運ばれると、わき上がる湯気の向こうで参加者の笑顔が広がった。

 塩田さんは福島県須賀川市で生まれ、地元で10年近く居酒屋を切り盛りした。だが2011年の原発事故で…

この記事は有料記事です。

残り436文字(全文694文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望と民進 新党名に「国民党」案 協議会で検討
  2. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝
  3. 辺野古海上警備 業者7億円過大請求 防衛省把握後も契約
  4. 政府 福田財務次官の辞任を閣議了承 セクハラ疑惑
  5. アクセス 受刑者逃走2週間、なぜ見つからぬ 捜査員ガサゴソ、空き家1000軒、果物たわわ 最近30年「逃げ切った例なし」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]