メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

流氷大回転

渦巻く真冬の使者 オホーツク海、接岸初日

沖で渦巻く流氷。後方左端は知床岬=北海道・オホーツク海で2018年2月2日午後1時56分、本社機「希望」から宮本明登撮影

 北海道の網走地方気象台は2日、網走市で流氷が接岸する「流氷接岸初日」を観測したと発表した。

 オホーツク海では、海流と風の影響で流氷が巨大な渦を巻く「流氷大回転」と呼ばれる現象が起きた。直径50キロ以上にも及ぶ大規模な流氷大回転をとらえるのは珍しい。

 流氷接岸初日は、流氷で船舶が航行できなくなった最初の日。網走での観測は平年並みで、昨年と同日だった。流氷の接岸は3月まで続く見通し。【三沢邦彦】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 棚橋弘至選手 「笑顔、無理ですよ…」 “恩人”の手紙に男泣き 寺田心も涙
  3. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. はやぶさ2 リュウグウに着陸 表面画像撮影にも成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです