メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

相撲協会

求心力低下、いばらの道も 貴乃花親方落選

日本相撲協会の理事会に臨む貴乃花親方=東京都墨田区の両国国技館で2018年2月1日午後0時32分、小川昌宏撮影

 2日、投開票された日本相撲協会の理事候補選挙で、5度目の当選を目指した貴乃花親方は、わずか2票で落選した。自身の1票に、別の1票しか加わらなかった。

        ◇

 不利は承知だった。しかし予想以上に貴乃花親方への支持は広がらなかった。それどころか貴乃花親方と阿武松親方の票を合わせても、貴乃花一門と無所属を合わせた親方数の11に1票及ばない。少なくとも協会内において、貴乃花親方の求心力は落ちているのが実情だ。

 秋巡業中に起きた元横綱・日馬富士の傷害事件は、巡業部長だった貴乃花親方が協会の危機管理委員会の聴取…

この記事は有料記事です。

残り523文字(全文781文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  4. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  5. 日本橋 百貨店、新館・改装続々 外国人接客きめ細かく

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです