メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

受験と私

連合会長・神津里季生さん「野球がしたくて東大へ」

連合会長の神津里季生さん=東京都千代田区の連合会館で、岡本同世撮影

 日本の労働組合の全国中央組織「連合(日本労働組合総連合会)」。その会長を務める神津里季生(こうづ・りきお)さんに、東大進学の理由を尋ねると「実は、とにかく野球がしたかったんです」。意外な答えが返ってきました。【聞き手・岡本同世】

 名前の由来ですか? 僕は3月生まれで、父が「里の季節に生まれた」とつけてくれました。童謡の「春が来た」の歌詞のように、山に来た「里」に来た、ってことじゃないかな。両親ともかつて演劇をやっていて、文学青年的なところがあったんです。

この記事は有料記事です。

残り2819文字(全文3049文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  2. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  3. 米子東の選手がベンチ入りせず
  4. 英国 EU離脱 続く混乱 欧州統合に懐疑の歴史
  5. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです