メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日新聞社編集綱領制定記念のつどい

「フェイクニュースと報道」巡り講演

 「フェイクニュースと報道」をテーマに、毎日新聞労働組合が主催したシンポジウムが3日、東京都千代田区の毎日新聞東京本社で開かれた。「第31回毎日新聞社編集綱領制定記念のつどい」として企画され、約120人が参加。偽の情報を指すフェイクニュースは、トランプ氏が勝利した2016年の米大統領選以降、盛んにメディアで紹介されるようになり、昨年12月に発表された「2017ユーキャン新語・流行語大賞」でトップ10にも入った言葉だ。

 インターネット上で飛び交う不確実な情報をどう受け止めればよいかについて、調査報道専門サイト「ニュー…

この記事は有料記事です。

残り705文字(全文965文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 大相撲 貴乃花親方「告発は真実」 信念貫き、角界去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです