メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日新聞社編集綱領制定記念のつどい

「フェイクニュースと報道」巡り講演

「第31回毎日新聞社編集綱領制定記念のつどい」で、「フェイクニュースと報道」について議論する登壇者ら=東京都千代田区の毎日新聞東京本社で2018年2月3日、丸山博撮影

 「フェイクニュースと報道」をテーマに、毎日新聞労働組合が主催したシンポジウムが3日、東京都千代田区の毎日新聞東京本社で開かれた。「第31回毎日新聞社編集綱領制定記念のつどい」として企画され、約120人が参加。偽の情報を指すフェイクニュースは、トランプ氏が勝利した2016年の米大統領選以降、盛んにメディアで紹介されるようになり、昨年12月に発表された「2017ユーキャン新語・流行語大賞」でトップ10にも入った言葉だ。

    「第31回毎日新聞社編集綱領制定記念のつどい」で、基調報告をする下村健一さん=東京都千代田区の毎日新聞東京本社で2018年2月3日、丸山博撮影

     インターネット上で飛び交う不確実な情報をどう受け止めればよいかについて、調査報道専門サイト「ニュースのタネ」編集長で元NHK記者の立岩陽一郎さん▽ウェブメディア「THE PAGE」編集長で元読売新聞記者の奥村倫弘さん▽白鴎大学客員教授で元TBS報道キャスターの下村健一さんらが講演した。

    「第31回毎日新聞社編集綱領制定記念のつどい」で、基調報告をする立岩陽一郎さん=東京都千代田区の毎日新聞東京本社で2018年2月3日、丸山博撮影

     米国のフェイクニュース事情に詳しい立岩さんは昨年10月、日本の総選挙で学生や一般の市民とともに、各党党首の演説などに偽の情報が潜んでいないか調べる「ファクトチェック」を手がけた。「日本の大手メディアは、権力者がフェイクニュースを含む演説などをしたときも、そのまま垂れ流してしまいがちだ。(米紙)ワシントン・ポストにはファクトチェックを専門とする部署もある」と紹介した。

    「第31回毎日新聞社編集綱領制定記念のつどい」で、基調報告をする奥村倫弘さん=東京都千代田区の毎日新聞東京本社で2018年2月3日、丸山博撮影

     インターネット上のニュースの編成や編集業務に長く携わっている奥村さんは「ネットの場合、誰でもフェイクニュースの発信源になる可能性があり、スマートフォン一つで手軽に情報を広められる。真実に重きを置かず、うそをつくことで収益をあげているメディアもあることを念頭に置く必要がある」と説明した。

     下村さんは、フェイクニュースの拡散を防ぐ上で、情報を読み解く力を示す「メディアリテラシー」が欠かせないことを説明した。「情報に触れたときに『即断(そくだん)』で拡散したり、『うのみ』にしたりせず、内容の『偏り(かたより)』に気を配り、放送されている映像や掲載された記事文面の『中だけ(なかだけ)』がすべてでないことを踏まえることが重要。それぞれの頭文字をとって『そうかな』と覚えてほしい」と授業形式で参加者に呼びかけた。

     講演後、登壇者は会場からの質問に答え、フェイクニュースのまん延する背景などについて質問を基に議論した。【大村健一/統合デジタル取材センター】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. 高校野球 誤審で甲子園行き明暗…終了一転逆転 岡山大会
    3. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
    4. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    5. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです