メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なにわの隅で小休止

口内フローラ研究進む 唾液で健康診断も? /大阪

「健康寿命をのばす--たかつき」をテーマに開かれたシンポジウム=大阪府高槻市八丁西町の大阪医大看護学部で、関野正撮影

 「腸内フローラ」という言葉をご存じだろうか。最近、健康について語られる時に使われ、日本語にすると「腸内細菌叢(そう)」。腸の中にはさまざまな細菌が生息している。「フローラ」は「花畑」とか「草むら」の意味で、腸の内壁に住む細菌の様子を、植物が群生している花畑や草むらにたとえて表現した。

 そして細菌には増えすぎると悪さをするものも、ヒトにとって好ましいものもある。腸内の細菌叢のバランスが崩れると、健康に悪い影響が出るという。

この記事は有料記事です。

残り942文字(全文1155文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  2. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  3. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  4. はしか発症16人に 「あべのハルカス」買い物客も
  5. ORICON NEWS ウーマン村本、浪江町「なくなる」発言を謝罪 「大反省しないと」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです