メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

早春の風を受けて走るのは…

 早春の風を受けて走るのは約3900人。別府大分毎日マラソン大会がきょう行われる。その中に京都大iPS細胞研究所所長の山中伸弥(やまなか・しんや)さんがいるはずだ。昨年2月の京都マラソンで3時間27分45秒を出して、3時間半以内の参加条件を満たした▲山中さんは本紙のコラムで「走り続けるもう一つの理由」を書いている。研究所の教職員は大半が非正規雇用だ。国からの研究費に加えて寄付による支援が欠かせない。別大マラソン以外の大会にチャリティーランナーとして出場してきたのは寄付を募るためでもある▲先日、研究所で任期付きの助教による論文不正が発覚した。安定したポストをつかみたい焦りがあったのかもしれない。山中さんには何とも皮肉で悔やまれる出来事だが、iPS細胞の臨床応用というゴールを目指し走り続けてほしい▲自己ベストが山中さんとほぼ同じ3時間27分の著名な市民ランナーがいる。作家の村上春樹さんだ。自分を長距離ランナーに例えて「少しでも長く生きて、一冊でも多くの小説を書き続けたい」(村上春樹 雑文集)▲村上さんは同書で、小説を書く姿勢に触れている。「我々を囲む厳しい寒さや飢え」や「恐怖や絶望」に対し、語り手自身が希望や喜びを持っていなければ、どうやって説得力を持ちうるのかと。「希望」を読者に伝えるために人生のマラソンを走っているのであろう▲きょうは立春。冬が過ぎ、万物が動き始める。それぞれのランナーが、それぞれの春の兆しを感じるだろう。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 検証 拷問「外でやれ」「静かにしろ」 皇太子批判の末 サウジ記者、総領事館で何が
    2. 米国 核廃棄条約破棄か 中距離弾 「ロシアが違反」主張
    3. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
    4. 自画撮り 裸画像要求 スマホ世代、抵抗感薄く 
    5. 余録 二宮金次郎像は、かつて小学校校庭の…

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです