メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

平昌オリンピック 政治と祭典、矛盾直視を=京都大教授・中西寛

=小松雄介撮影

中西寛(ひろし)

 平昌冬季オリンピック・パラリンピックが間近に迫っている。ゲームが始まれば、人々はアスリートの活躍に胸を躍らせ、感動するだろう。

 しかし今回のオリンピックほど、オリンピックという仕組みが抱える矛盾を示している大会はかつてなかったと言ってよいだろう。国際オリンピック委員会(IOC)が定めた憲章では「スポーツと選手を政治的または商業的に不適切に利用することに反対する」と謳(うた)われている。しかし現実のオリンピックが政治やビジネスと持っている関係が適切とは言い難い。

 まずビジネスの面から見てみよう。1970年代には巨額の開催費用負担で行き詰まり、アメリカのデンバー…

この記事は有料記事です。

残り1455文字(全文1746文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  2. ペイペイ、「100億円あげちゃうキャンペーン」を13日で終了
  3. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  4. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道
  5. QRコード決済 ソフトバンク系ペイペイ、「奪首」へ100億円還元 競争激化

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです