メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

けいざい・因数分解

1.50倍 2017年有効求人倍率 好景気、人口減で採用増

8年連続の上昇 44年ぶり水準に

 雇用情勢の改善が続いている。厚生労働省が1月30日に発表した2017年平均の有効求人倍率は前年比0・14ポイント上昇の1・50倍となった。上昇は8年連続で、過去最高だった1973年(1・76倍)以来44年ぶりの高水準となった。また、直近17年12月の有効求人倍率(季節調整値)は前月比0・03ポイント上昇の1・59倍となり、74年1月(1・64倍)以来、43年11カ月ぶりの高水準となった。景気回復で企業の採用意欲が旺盛となっていることに加えて、人口減少に伴い人手不足感が強まっていることが背景にある。

 有効求人倍率は、厚労省が全国のハローワークの求職者数、求人数をもとに算出し、「一般職業紹介状況」と…

この記事は有料記事です。

残り1198文字(全文1516文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアW杯 まさかの一発退場 追い詰められたコロンビア
  2. サッカー日本代表 最高のシナリオ 取り戻した一体感
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 大阪震度6弱 お店、徐々に再開 一部工場で操業停止続く
  5. サッカー日本代表 大迫決勝ヘッド コロンビアを撃破

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]