メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

ソフトバンク ペッパー 「パ行」で親しみやすく

 ソフトバンクが手がける人型ロボット「ペッパー(Pepper)」。人の表情や声から感情を読み取り、自らも感情豊かに対応するのが特徴だ。飲食店や銀行窓口などに設置され、おなじみの存在になりつつある。

 開発が始まったのは2010年6月。孫正義社長が「人々を幸せにするロボット」というコンセプトで開発を進めることを発表した。14年6月に初めてお披露目され、15年6月に販売が始まった。

 開発中は「TARO(タロウ)」というコードネームで呼ばれていた。

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文582文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 警視庁 「リアルナンパアカデミー」塾長を再逮捕
  2. 殺人事件 高齢夫婦死傷、孫の中学生確保 埼玉
  3. 12階から自転車投げ落とす 殺人未遂容疑で男逮捕
  4. 沢田研二ドタキャン 空席に不満、自身で決定「責任僕にある」(スポニチ)
  5. 群馬・高崎 石灯籠の下敷きに、中学生死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです