メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

ソフトバンク ペッパー 「パ行」で親しみやすく

 ソフトバンクが手がける人型ロボット「ペッパー(Pepper)」。人の表情や声から感情を読み取り、自らも感情豊かに対応するのが特徴だ。飲食店や銀行窓口などに設置され、おなじみの存在になりつつある。

 開発が始まったのは2010年6月。孫正義社長が「人々を幸せにするロボット」というコンセプトで開発を進めることを発表した。14年6月に初めてお披露目され、15年6月に販売が始まった。

 開発中は「TARO(タロウ)」というコードネームで呼ばれていた。

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文582文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 体罰 教諭2人懲戒処分 炎天下ランニングで生徒一時重体
  2. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
  3. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定
  4. 京急 駅名が「北斗の拳」仕様に 「かぁまたたたたーっ」
  5. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]