メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

海部宣男・評 『ゲノムが語る人類全史』=アダム・ラザフォード著

 (文藝春秋・2430円)

遺伝子は可能性に過ぎず、運命ではない

 二〇〇一年、米・英が十年と三十億ドルをかけた「ヒトゲノム計画」の成果が公表された。初の「ヒトの遺伝子地図」は、三人のヒトの塩基配列を示す、膨大な文字列。遺伝的な意味は、まだほとんど不明だった。ヒトは約二万個の「遺伝子」を持っていたが、それはゲノム(後述)全体のわずか二%以下で、ゲノムは重複と無駄だらけに見えた。

 だがこの計画が巨大な一歩だったことは、間違いない。何よりヒトの全ゲノムの文字列が、国際的に公開され…

この記事は有料記事です。

残り1218文字(全文1456文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  4. 政治 交わらない枝野氏と玉木氏 自民「1強」の責任、野党にも
  5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです