メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『大統領府から読むフランス300年史』=山口昌子・著

 (祥伝社黄金文庫・724円)

 フランス大統領府「エリゼ宮」の歴史をたどりながら、現在のマクロン大統領まで代々の住人の姿を描く。フランス滞在歴約30年のジャーナリストである著者がつづるエピソードによって、王政以来めまぐるしく体制を変えたフランスが、現在でも大国としての影響力を保ち続ける理由が見えてくる。

 エリゼ宮はフランス革命の約70年前に建設された。米ホワイトハウスや英バッキンガム宮殿は観光名所にも…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文486文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車田 丸い田んぼで輪を画くように田植え
  2. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  3. 長野・城山動物園 「キモ可愛い」サルのキーホルダー
  4. 加計学園 謝罪、説明なし「あり得ぬ」 愛媛知事が批判
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]