メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

中島岳志・評 『内側から見る創価学会と公明党』=浅山太一・著

 (ディスカヴァー携書・1080円)

なぜ政治進出を強化するのか

 著者は創価学会員であり、大学院で社会学を専攻した若手研究者でもある。信仰者と研究者という両側面から、創価学会・公明党のあり方に迫る。

 世の中では、安保法制をめぐって公明党・創価学会への疑問が噴出した。第3代会長・池田大作が平和主義を主張してきたにもかかわらず、創価学会員は池田の指導と異なるような政策を支援した。そこに存在する内在的論理とはいかなるものか?

 著者は、戦後の創価学会と公明党の歴史を遡(さかのぼ)ることで、その構造に迫る。

この記事は有料記事です。

残り1175文字(全文1425文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車田 丸い田んぼで輪を画くように田植え
  2. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  3. 長野・城山動物園 「キモ可愛い」サルのキーホルダー
  4. 加計学園 謝罪、説明なし「あり得ぬ」 愛媛知事が批判
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]