メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

張競・評 『硬きこと水のごとし』=閻連科・著

 (河出書房新社・3240円)

小説的言語の限界への挑戦

 耙〓(はろう)山脈の山あいには程崗鎮(ていこうちん)という小さな村がある。貧しい農家出身の高愛軍は高校卒業後に村の有力者の娘と結婚し、まもなく従軍した。毛沢東思想の熱狂的な信奉者で、文化大革命が起きると、ただちに復員して村で革命を起こそうとした。彼はまず、義理の父を権力の座から追い落とし、それが実現すると、今度は県長、市長、省長へと登って行く夢を見て、壮大な計画を立てた。文化大革命の追い風もあって、彼は政治的野心の階段を一気に駆け上っていった。

 一見、ありきたりの「文革批判」小説のようだが、なかなか一筋縄ではいかない仕掛けになっている。村落共…

この記事は有料記事です。

残り1197文字(全文1499文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卓球 福原愛が現役引退を表明 自身のブログで
  2. 卓球 福原愛さん引退 中国、台湾でも高い関心
  3. 渋谷 ドリームアミさんに歓声 文化村通りで路上ショー
  4. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  5. 福原愛 台湾で結婚披露宴 「試合より緊張する」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです