メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『キリストは再び十字架にかけられる』 訳者・藤下幸子さん

 ◆藤下幸子(ふじした・さちこ)さん

 (ニコス・カザンザキス著 教文館・3780円)

あふれるユーモア 巧妙な含意

 20世紀初頭、オスマン帝国統治下の小アジア(アナトリア)にあるギリシャ人正教徒の小さな村に戦火を逃れた同胞たちが難民となってたどり着く。「7年ごとに演じられるキリスト受難劇の役を割り振られた村の若者が福音書の教えに共鳴し、難民の救済を主張します。長老たちはしかし、豊かな暮らしを守ろうとして許可しません」

 村はずれの岩山に身を寄せ、飢餓に直面する難民の扱いをめぐって村の亀裂は深まり、いつしかイエス・キリ…

この記事は有料記事です。

残り712文字(全文971文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  2. サウジ記者不明 アップルウオッチ通じ録音か トルコ紙
  3. ORICON NEWS 大阪城で“ナイトウォーク”『サクヤルミナ』12月オープン 渡辺直美「ワクワクしちゃう」
  4. ORICON NEWS 堺正章、沢田研二のドタキャン騒動に複雑「残念ですけど倍の力で…」
  5. 「10・19」30年 旧川崎球場にファンら200人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです