メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『シェアード・ディシジョンメイキング 新しい医療のコミュニケーション』=中山健夫・編著

 (日本医事新報社・3564円)

 医師と患者はどう向き合えばいいのか。永遠の課題だが、最近の欧米の医療現場では、シェアード・ディシジョンメイキングの頭文字を取った「SDM」という手法が一般的になりつつあるという。その最新の動きを分かりやすく解説している。

 日本ではインフォームドコンセント(IC、十分な説明に基づく同意)がよく知られているが、これだと医師の説明が主導権を握る。これに対し、SDMは…

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文496文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. ネパール 登山家の栗城さん、エベレストで遭難か
  3. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
  4. アメフット 日大の悪質タックル 警視庁が捜査へ
  5. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]