メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうのセカンドオピニオン

冠れん縮性狭心症とは=答える人・小室一成教授(東大病院・循環器内科)

 Q 冠れん縮性狭心症とは

 冠れん縮性狭心症との診断を受けました。一般的な狭心症とはどう違うのでしょうか。また、治療は長くかかるのでしょうか。(神奈川県、男性、83歳)

 A 血管内皮細胞の異常

 1日に約10万回拍動する心臓は、表面をとりまく冠動脈から大量の酸素を得ています。冠動脈の内側にコレステロールがたまって狭くなり、酸素不足から胸が痛くなるのが狭心症です。階段を上がるなどの動作をした時に胸の痛みが生じる労作(ろうさ)性狭心症が代表的ですが、そのほか安静時に起こる狭心症もあり、そのほとんどが冠れん縮性狭心症です。これは冠動脈がけいれんし、一時的に細くなって生じます。明け方寝ている時に胸が痛むのが特徴です。

 原因は血管の内側の内皮細胞の異常です。睡眠時には副交感神経の働きが活発になり、冠動脈も広がるのです…

この記事は有料記事です。

残り564文字(全文921文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  2. 覚せい剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 国立病院機構 大分医療センターで死亡した女性遺族が提訴
  4. 自民党総裁選 安倍首相が連続3選 石破元幹事長破る
  5. 自民党 石破氏「200票」に達するか注目

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです