メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論の周辺

「ひとり」を多角的に考察

 ひとり暮らしのように人が単身者であることや、家族があっても仕事中の食事などの場面で「ひとり」の状態になることは、近代化、都市化の進行とともに増えてきた。2000年代以降は「おひとりさま」現象も話題になった。南後(なんご)由和さんの著書『ひとり空間の都市論』(ちくま新書)は、現代の都市における「ひとり」の様相を、住まいや飲食店、宿泊施設、メディアといった観点から論じて、興味深い。著者は1979年生まれの社会学者。

 「ひとり空間」とは、個室に限らず何らかの仕切りによって「ひとり」の状態が確保された空間を指している…

この記事は有料記事です。

残り1229文字(全文1487文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文
  2. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  3. ファミレス ガスト宅配弁当にカエルの死骸 体長数センチ
  4. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
  5. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]