メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論の周辺

「ひとり」を多角的に考察

 ひとり暮らしのように人が単身者であることや、家族があっても仕事中の食事などの場面で「ひとり」の状態になることは、近代化、都市化の進行とともに増えてきた。2000年代以降は「おひとりさま」現象も話題になった。南後(なんご)由和さんの著書『ひとり空間の都市論』(ちくま新書)は、現代の都市における「ひとり」の様相を、住まいや飲食店、宿泊施設、メディアといった観点から論じて、興味深い。著者は1979年生まれの社会学者。

 「ひとり空間」とは、個室に限らず何らかの仕切りによって「ひとり」の状態が確保された空間を指している…

この記事は有料記事です。

残り1229文字(全文1487文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 館林市議選 投票者総数より多かった 「謎の1票」なぜ
  2. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  3. 台風24号 29日に沖縄接近 気象庁が警戒呼び掛け
  4. 沖縄知事選 自民、引き締め躍起 野党「ステルス作戦」
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです