メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論の周辺

「ひとり」を多角的に考察

 ひとり暮らしのように人が単身者であることや、家族があっても仕事中の食事などの場面で「ひとり」の状態になることは、近代化、都市化の進行とともに増えてきた。2000年代以降は「おひとりさま」現象も話題になった。南後(なんご)由和さんの著書『ひとり空間の都市論』(ちくま新書)は、現代の都市における「ひとり」の様相を、住まいや飲食店、宿泊施設、メディアといった観点から論じて、興味深い。著者は1979年生まれの社会学者。

 「ひとり空間」とは、個室に限らず何らかの仕切りによって「ひとり」の状態が確保された空間を指している…

この記事は有料記事です。

残り1229文字(全文1487文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アクセス 復興相、軽くない? 今村氏「自主避難は自己責任」 暴言・放言・スキャンダル 「入閣調整ポスト」指摘も
  2. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定
  3. 第100回全国高校野球 南北埼玉大会 川越東、接戦制す 4強出そろう 上尾も早大本庄降す /埼玉
  4. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  5. 夏の高校野球 準決勝展望 北福岡大会あす、南福岡大会22日 /福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]