メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/74 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

三月八日(30)

 空にはまだ夕明かりが残っているが、街並みはすっかり暗くなっていた。灯火管制で街灯もすべて消されている。タケシは夜も明るかった頃の東京をもう覚えていなかった。

 猿江神社脇の空き地はまだ夕日の名残りでぼんやりと照らされていた。周囲に民家があまり建てこんでいないせいかもしれない。ミヤが訳知り顔でいった。

「この辺りは建物疎開で、ずいぶん家が潰されたからな」

この記事は有料記事です。

残り724文字(全文908文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  2. 日大チアパワハラ 「学校の恥」「ずる賢いばか」暴言次々
  3. 辺野古土砂投入 沖縄知事、猛反発「法治国家としてあるまじき行為」
  4. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  5. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです