メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

片山潜の娘・やすさん

没後30年 ロシアの知人らしのぶ

片山潜(写真右)と長女やすさん。1933年にロシア南部ソチで撮影。潜はこの年11月にモスクワで病死した=エリザベータ・ジワニードワさん提供

 【モスクワ杉尾直哉】旧ソ連に亡命した日本の社会主義者、片山潜(せん)(1859~1933年)の長女で、「革命家の娘」として知られた片山やすさんがモスクワで88歳で死去してから15日で30年になる。今年は「日露相互交流年」。知人らは、日ソ関係の改善に努めたやすさんをしのび、「東西冷戦期の難しい時代に、両国の懸け橋として活躍した功績を思い出してほしい」と話している。

 やすさんは「ソ日協会」の副総裁を務めていた。女性委員会書記として、やすさんを支えたエリザベータ・ジ…

この記事は有料記事です。

残り592文字(全文825文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鉄道 台風予測 広がる「計画運休」 リスクを回避
  2. 県教委 バイク免許に新要項 高校生「3ない運動」廃止 /埼玉
  3. 三越伊勢丹 2店閉鎖へ 相模原と府中、来年9月末めどに
  4. 事故 声優の平野綾さんが追突 けがなし 東京
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです