メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水嶋智氏

成田に通いつめた日々

 1996年9月に運輸省航空局新東京国際空港課整備推進調整官を拝命しました。当時の成田では根強い空港反対運動が続いており、滑走路が1本しかありませんでしたが、国は強制収用による用地取得を行わない旨を約束していました。過激派によるゲリラ行動も頻発し、航空局の職員も攻撃の対象になっていました。そんな中、世界各国との航空ネットワークを充実させるため、2本目の滑走路を整備する担当となりました。

 本省の課長補佐として予算要求などの仕事をする一方で、現地に頻繁に出かけて地元の人たちとの話し合いを…

この記事は有料記事です。

残り610文字(全文864文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  2. 日産3社連合 不当干渉あればルノー株… 鍵握る基本協定
  3. スプレー缶「ガス抜きせず」廃棄呼びかけ 事業系に求められる「ガス抜き」
  4. 日産、ルノーがトップ会談か オランダで
  5. 札幌爆発 パニックの中、床抜け落ち助かる 間一髪の様子を客らが証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです