メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 松田行正さん 悪の様式美の謎

 ■RED ヒトラーのデザイン 松田行正(まつだ・ゆきまさ)さん 左右社・2916円

 その残虐さは絶対に許せない。だが、ふと気を抜けば倒錯的な魅力を感じてしまうのはなぜか……。かつて差別思想に基づいて大虐殺を行った国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)が打ち出した制服や旗、兵器、建築そしてイベントの演出など数々の「デザイン」に対して、だ。その謎に迫る好著である。ヒトラー時代約25年の所業も俯瞰(ふかん)できる。「後にも先にも、これほどデザイン性を前面に出した政治体制はありません」と語る著者はグラフィックデザイナーだ。

 ナチスのシンボルについて「ハーケンクロイツ(カギ十字)を45度傾けた、つまり動かしたことが重要です…

この記事は有料記事です。

残り614文字(全文924文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  2. 日産3社連合 不当干渉あればルノー株… 鍵握る基本協定
  3. スプレー缶「ガス抜きせず」廃棄呼びかけ 事業系に求められる「ガス抜き」
  4. 日産、ルノーがトップ会談か オランダで
  5. 札幌爆発 パニックの中、床抜け落ち助かる 間一髪の様子を客らが証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです