メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

ピックアップ 「架空の犬と嘘をつく猫」ほか

 ■架空の犬と嘘(うそ)をつく猫(寺地はるな著・中央公論新社・1728円)

 羽猫家は小学3年の長男山吹と祖父母、両親、姉の6人家族。幼い次男を亡くして母は自分の世界に閉じこもり、父は浮気、祖父は夢ばかり追い、姉は家に居着かない。破綻した家族の30年に及ぶ物語を淡々と描き、すさんだ風景を柔らかなベールで包む。山吹のけなげさ、優しさ、また何となくまとまる家族の不思議にも筆は及ぶ。

 ■散歩の達人2月号(交通新聞社・700円)

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文509文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  2. 日産3社連合 不当干渉あればルノー株… 鍵握る基本協定
  3. スプレー缶「ガス抜きせず」廃棄呼びかけ 事業系に求められる「ガス抜き」
  4. 日産、ルノーがトップ会談か オランダで
  5. 札幌爆発 パニックの中、床抜け落ち助かる 間一髪の様子を客らが証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです