メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

金印の真贋シンポジウム 議論かみ合い進展 「出土品もとに検証」で一致

志賀島。左端の岬付近の海岸沿いが金印の出土地とされる=伊藤和史撮影

 国宝「漢委奴國王(かんのわのなのこくおう)」金印の真贋(しんがん)を問うシンポジウムが1月21日、出土地とされる福岡市で開かれた。真印説、偽造説の一方が優位に傾くことはなかったが、「論証の根拠となる印は出土品であること」との点で双方の論者が一致した。平行線になりがちな論争が目に見える形で前進したと評価できる。

この記事は有料記事です。

残り1310文字(全文1466文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金曜ロードSHOW! 「ファインディング・ドリー」地上波初放送 ニモと暮らすドリーの冒険ファンタジー
  2. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  3. 大阪震度6弱 ブロック塀危険性 外部専門家が2度指摘
  4. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  5. 三井不動産 「名古屋三井ビル北館」着工を発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]