メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

金印の真贋シンポジウム 議論かみ合い進展 「出土品もとに検証」で一致

志賀島。左端の岬付近の海岸沿いが金印の出土地とされる=伊藤和史撮影

 国宝「漢委奴國王(かんのわのなのこくおう)」金印の真贋(しんがん)を問うシンポジウムが1月21日、出土地とされる福岡市で開かれた。真印説、偽造説の一方が優位に傾くことはなかったが、「論証の根拠となる印は出土品であること」との点で双方の論者が一致した。平行線になりがちな論争が目に見える形で前進したと評価できる。

この記事は有料記事です。

残り1310文字(全文1466文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か
  5. 県警不祥事 止まらない 警官、押収AV大量盗む 容疑で書類送検 別に盗撮疑いも /大分

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです