メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

落語食堂

その68 首提灯 酒に酔い芸に酔い

きょうの噺「首提灯」をお題にした料理。(写真左奥より時計回りに)こぼれ大豆うま煮、イワシのからまむし、半助ウナギかば焼き=菅知美撮影

 屋台の上燗屋で、うだうだ言いながら酒を飲んでいた酔っ払い、勘定の金を崩すために向かいの道具屋に行き、中に刀を仕込んだ仕込み杖を買い求める。何か切ってみたくてしようがなくなり、泥棒をおびき寄せ、首をズバーッ。泥棒、皮一枚残してぶらーんとした首に「切られたんや!」と慌てるが、ちょうど火事騒ぎに巻き込まれ、首がちぎれてごろごろ。ようよう探し当てた首を提灯みたいに掲げて「火事や火事や」。

 前半は屋台で機嫌よう酒を飲んでた酔っ払いが、後半では買い込んだ仕込み杖(つえ)で盗っ人の首を切って…

この記事は有料記事です。

残り1619文字(全文1861文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 裁判官ツイッター 不愉快な思い 遺族、処分求める
  2. 最高裁 ツイッター裁判官に戒告処分
  3. 不適切投稿 裁判官懲戒、やむを得ず
  4. 不適切投稿 「最高裁決定にがくぜん」岡口裁判官が会見
  5. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです