メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相

「自衛隊合憲は不変」 改憲国民投票否決でも

 安倍晋三首相は5日の衆院予算委員会で、憲法9条1、2項を維持して自衛隊を明記する自身の改憲案に関し「自衛隊が合憲であることは明確な一貫した政府の立場だ。国民投票で、たとえ否定されても変わらない」と述べた。自衛隊明記案が国民投票で否決されても自衛隊の合憲性は変わらないとの考えを強調した。

 希望の党の玉木雄一郎代表が、自衛隊明記案が国民投票で否決された場合に「自衛隊そのものの違憲性が確定する」との懸念を表明し「自衛隊を書くことが出口の見えない改憲議論になる」と批判したのに対して答えた。

 首相は「命を賭して任務を遂行している者の正当性を明確化することは、わが国の安全の根幹に関わる。改憲…

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文733文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飲酒運転で阪神高速逆走、正面衝突 4人軽傷被害 36歳男を逮捕
  2. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  3. 「介護しているのに文句ばかり」夫の口を塞ぐ妻を逮捕 容疑は殺人未遂 大阪
  4. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
  5. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです