メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一点張り・論説室から

仮想通貨に潜む破壊的な力=福本容子

 昨年6月、ロシアのプーチン大統領が23歳の青年と短時間、言葉を交わした。彼の名はビタリック・ブテリン。ビットコインに次ぐ規模の仮想通貨、イーサリアムを開発した人物だ。

 その後、プーチン大統領は、ロシアが発行する仮想通貨の研究を政府に指示する。「経済制裁をかわすことができる仮想通貨は、我々にとって好都合だ」。大統領の経済顧問はそう述べ、「仮想ルーブル」の発行に意欲をみせた。フィナンシャル・タイムズ紙が伝えている。

 ただし、事は単純ではない。権限を自らに集中させる独裁的発想と、取引の記録を多数のコンピューターで分…

この記事は有料記事です。

残り659文字(全文917文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川貴教 登美丘高校「HOT LIMIT」動画に喜びも「もっと早かったら…」とボヤキ
  2. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  3. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです