メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発言

持続可能な五輪の先駆けに=ルーディガー・キュール 国連大学研究員

 2020年東京五輪・パラリンピックに出場するアスリートたちは、日本の「都市鉱山」で採取された金、銀、銅を原材料とするメダルを受け取ることになる。「都市鉱山」とは廃棄されたスマートフォンや家電製品からなる資源のことである。このイニシアチブは環境にやさしい五輪の実現を目指す国を挙げた取り組みの一環であり、有望(かつ必要)な第一歩だ。しかし、これは先の長いレースの中での一歩に過ぎない。

 2年後に控えて日本は大きな指針である「より持続可能な大会の実現」など喫緊の課題の解決に追われている…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称 
  2. 横綱・稀勢の里引退 初場所3連敗、再起ならず
  3. 高知・須崎市、1年でふるさと納税300倍 成功の裏にゆるキャラと“名演出家”
  4. デルタ航空、福岡・ハワイ線撤退へ
  5. 人気低迷 せんとくんの「年収」、全盛期の3%にまで激減

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです