メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発言

持続可能な五輪の先駆けに=ルーディガー・キュール 国連大学研究員

 2020年東京五輪・パラリンピックに出場するアスリートたちは、日本の「都市鉱山」で採取された金、銀、銅を原材料とするメダルを受け取ることになる。「都市鉱山」とは廃棄されたスマートフォンや家電製品からなる資源のことである。このイニシアチブは環境にやさしい五輪の実現を目指す国を挙げた取り組みの一環であり、有望(かつ必要)な第一歩だ。しかし、これは先の長いレースの中での一歩に過ぎない。

 2年後に控えて日本は大きな指針である「より持続可能な大会の実現」など喫緊の課題の解決に追われている…

この記事は有料記事です。

残り1061文字(全文1303文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  2. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪
  3. ORICON NEWS 『銀魂』9月15日発売の『週刊少年ジャンプ』で完結 作者の初連載作品15年の歴史に幕
  4. 競泳 二枚看板沈む 萩野銀、瀬戸銅 400個人メドレー
  5. 夏の高校野球 秋田県内が「金農フィーバー」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです