メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トップ登場

東京ガス・内田高史次期社長 大競争へ、現場と一丸で

東京ガスの代表取締役社長に就任する内田高史氏

 4月1日付で首都圏で都市ガス約1100万件、電力約100万件の契約を持つエネルギー企業のトップに立つ。

 2016年4月の電力小売り自由化、17年4月の都市ガス小売り自由化で、電力・ガス業界は大競争時代に突入した。広瀬道明社長の下で「首都圏の電力市場シェア1割」の目標に向け陣頭指揮。昨年10月に目標の契約申し込み100万件を半年前倒しで達成した。

 次期社長の本命と見られてきたが岡本毅会長から17年末に社長就任を打診された際、「お断りすることはで…

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文578文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 地震 大阪府北部で震度6弱
  2. 大阪震度6弱 9歳女児が心肺停止 高槻
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 大阪震度6弱 大阪府内を中心に17万件停電
  5. 大阪震度6弱 首相官邸に対策室設置 菅官房長官

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]