メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボクシング

WBCフライ級王座戦 一回KO、比嘉防衛 動体視力、接近戦の武器

 沖縄・宮古工高時代は無名だった比嘉が、デビューからKO勝ちを続けて日本ボクシング史に名を残した。倒しきる要因について、具志堅会長は「パワフルで筋肉もすごいが、何といっても目がいい。(目標を)追う反応がいいね」と語る。

 瞬時に相手の隙(すき)を突いて打ち込み、近距離に身を置いての連打も光る。内藤大助ら世界王者をサポートしてきた野木丈司トレーナーは「見てきた中で特別、防御がいいのが比嘉。被弾が少ないのでリスクを負った接近戦ができ、パンチを的確に当てることが可能。教えてできない部分もある」と動体視力の良さを挙げる。

 不安定な板の上で重さ40キロのバーベルをかついでスクワット、立った姿勢で50キロのバーベルを前方に…

この記事は有料記事です。

残り897文字(全文1205文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 私立岩田中 体育で倒れ3年生死亡 遺族と学校、県庁で協議 第三者交え再調査へ /大分
  2. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  3. 札幌爆発事故 割れた窓、募る寒さ 本格復旧は来年へ
  4. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  5. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです