メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボクシング

WBCフライ級王座戦 一回KO、比嘉防衛 動体視力、接近戦の武器

 沖縄・宮古工高時代は無名だった比嘉が、デビューからKO勝ちを続けて日本ボクシング史に名を残した。倒しきる要因について、具志堅会長は「パワフルで筋肉もすごいが、何といっても目がいい。(目標を)追う反応がいいね」と語る。

 瞬時に相手の隙(すき)を突いて打ち込み、近距離に身を置いての連打も光る。内藤大助ら世界王者をサポートしてきた野木丈司トレーナーは「見てきた中で特別、防御がいいのが比嘉。被弾が少ないのでリスクを負った接近戦ができ、パンチを的確に当てることが可能。教えてできない部分もある」と動体視力の良さを挙げる。

 不安定な板の上で重さ40キロのバーベルをかついでスクワット、立った姿勢で50キロのバーベルを前方に…

この記事は有料記事です。

残り897文字(全文1205文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  2. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  3. 広島・原爆資料館 本館メイン展示に「3日後の少女写真」
  4. 広島原爆 「鉛のような味がした」エノラ・ゲイ搭乗員証言
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです