メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平和をたずねて

軍国写影 反復された戦争/59 初の政党内閣 シベリア出兵に道=広岩近広

 シベリアの陸軍が要地に侵攻していたころ、国内では政権の交代があった。米騒動やシベリア出兵の言論弾圧への反発が強まり1918年9月、寺内正毅内閣は退陣に追い込まれた。

 寺内の後見人だった山県有朋は、シベリア出兵に指導力を発揮できなかったとして見限る。参謀次長の田中義一にしても、長州閥の先輩軍人に厳しかった。

 <田中は寺内内閣の出兵政策自体への不満と同時に、米騒動への対応からして寺内内閣の政治的指導力が低下…

この記事は有料記事です。

残り966文字(全文1170文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 静岡・看護師遺体 逮捕監禁容疑の男、新潟市で遺体で発見
  2. サッカー日本代表 大迫決勝ヘッド コロンビアを撃破
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 名人戦 持久戦模様の展開、羽生が封じる 第6局
  5. サッカー日本代表 香川PKで先制も、コロンビアが同点に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]