メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平和をたずねて

軍国写影 反復された戦争/59 初の政党内閣 シベリア出兵に道=広岩近広

 シベリアの陸軍が要地に侵攻していたころ、国内では政権の交代があった。米騒動やシベリア出兵の言論弾圧への反発が強まり1918年9月、寺内正毅内閣は退陣に追い込まれた。

 寺内の後見人だった山県有朋は、シベリア出兵に指導力を発揮できなかったとして見限る。参謀次長の田中義一にしても、長州閥の先輩軍人に厳しかった。

 <田中は寺内内閣の出兵政策自体への不満と同時に、米騒動への対応からして寺内内閣の政治的指導力が低下…

この記事は有料記事です。

残り966文字(全文1170文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  2. ペイペイ、「100億円あげちゃうキャンペーン」を13日で終了
  3. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  4. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道
  5. QRコード決済 ソフトバンク系ペイペイ、「奪首」へ100億円還元 競争激化

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです