メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たしなみの文化考

/9 興福寺執事・辻明俊さんのサーフィン 自然の恵みに心遊ばせ

海から上がれば、日々さまざまな企画や広報活動にあたっている興福寺執事の辻明俊さん=奈良市で2018年1月24日、平川義之撮影

 <くらしナビ・カルチャー>

時間見つけて各地の海へ 仕事や生き方、波に重ね

 奈良市の名刹(めいさつ)、興福寺で執事を務める僧侶の辻明俊さん(40)は、時間を見つけてはサーフボードを抱えて海に向かう。「自分の力ではどうにもできないところが魅力。いい波が来ると思っても、行ってみたら波が小さすぎたり、逆に大きすぎたりすることもある。自然の恩恵のもとに遊ばせてもらっている」。季節を問わず、波を追いかける。

 自らの体格に合わせて、近所のサーフショップで削ってもらったというオレンジ色のボード。購入から間もな…

この記事は有料記事です。

残り1570文字(全文1820文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 裁判官ツイッター 不愉快な思い 遺族、処分求める
  2. 最高裁 ツイッター裁判官に戒告処分
  3. 不適切投稿 裁判官懲戒、やむを得ず
  4. 不適切投稿 「最高裁決定にがくぜん」岡口裁判官が会見
  5. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです