メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

松浦 弥太郎・評『ビリー・ザ・キッド全仕事』『わたしは名前がない。あなたは…』

亡き人の言葉が聞こえるような「沈黙のドラマ」に惹かれる

◆『ビリー・ザ・キッド全仕事』マイケル・オンダーチェ/、福間健二/訳(白水社/税別1400円)

◆『わたしは名前がない。あなたはだれ? エミリー・ディキンスン詩集』エミリー・ディキンスン/著(KADOKAWA/税別1400円)

 石川五右衛門は、伝説の大泥棒としての生き様が、歌舞伎の演題として取り上げられて民衆の人気を得た。

 日本に石川五右衛門がいるように、アメリカにも絶大なる人気の大泥棒がいる。ビリー・ザ・キッドだ。

この記事は有料記事です。

残り1223文字(全文1459文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卓球 福原愛が現役引退を表明 自身のブログで
  2. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  3. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  4. 福原愛 台湾で結婚披露宴 「試合より緊張する」
  5. 訃報 ノーベル化学賞受賞、下村脩さん90歳 長崎市内で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです