メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

松浦 弥太郎・評『ビリー・ザ・キッド全仕事』『わたしは名前がない。あなたは…』

亡き人の言葉が聞こえるような「沈黙のドラマ」に惹かれる

◆『ビリー・ザ・キッド全仕事』マイケル・オンダーチェ/、福間健二/訳(白水社/税別1400円)

◆『わたしは名前がない。あなたはだれ? エミリー・ディキンスン詩集』エミリー・ディキンスン/著(KADOKAWA/税別1400円)

 石川五右衛門は、伝説の大泥棒としての生き様が、歌舞伎の演題として取り上げられて民衆の人気を得た。

 日本に石川五右衛門がいるように、アメリカにも絶大なる人気の大泥棒がいる。ビリー・ザ・キッドだ。

この記事は有料記事です。

残り1223文字(全文1459文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. ネパール 登山家の栗城さん、エベレストで遭難か
  3. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
  4. アメフット 日大の悪質タックル 警視庁が捜査へ
  5. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]