メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

三浦 天紗子・評『神になりたかった男 徳田虎雄』山岡淳一郎・著

巨大な医療グループの光と影を描いた群像劇

◆『神になりたかった男 徳田虎雄』山岡淳一郎・著(平凡社/税別1800円)

 カネまみれの選挙工作や政界実力者への資金提供。一連の徳洲会事件で印象的だったのは、汚職の数々よりも、難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)を抱えながらもギョロリと動く目で秘書に言葉を伝えるために文字盤を追う徳洲会グループのトップ、徳田虎雄の姿だった。グループが急成長し、巨大化したがために、徳田は権力とカネを欲しがった紋切り型の独裁者のように感じていたのだが、本書でイメージは一新。公平な医療のための医療改革や医療偏在の是正、阪神淡路大震災をきっかけにした災害医療チームの創設など、さまざまな偉業は、彼の登場だけで達成できたのではなかった。

 鹿児島の離島・徳之島で生まれ育った徳田は、貧しさと医療過疎により弟を亡くす。その慟哭(どうこく)か…

この記事は有料記事です。

残り558文字(全文933文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. ネパール 登山家の栗城さん、エベレストで遭難か
  3. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
  4. アメフット 日大の悪質タックル 警視庁が捜査へ
  5. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]