メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

本郷 和人・評『駄犬道中 こんぴら埋蔵金』土橋章宏・著

ホームドラマに冒険活劇 皆でお宝を探し出せ!

◆『駄犬(だけん)道中 こんぴら埋蔵金』土橋章宏・著(小学館/税別1500円)

 待ってました! 先のお伊勢さま「おかげ参り」に続いて、今回は「こんぴらさま」だ!

「こんぴらさま」とは讃岐(香川県)の金刀比羅宮(ことひらぐう)のこと。由緒あるお宮であったが、戦国時代の兵火により一たん荒廃。ところが江戸時代になるや、全国の民衆のたいへん熱い支持を得た。いってみれば「庶民派の神さま仏さま」であり、当時は「神仏習合」により象頭山金毘羅(ぞうずさんこんぴら)大権現と呼ばれた。「丸金か京六か」という言葉があったそうで、丸金こと金刀比羅宮は、京都六条の東西本願寺と並ぶ参詣のメッカであった。またこのお宮には伊勢神宮と同様に、代参犬、すなわち主人に代わってお参りする犬が多くやって来ていた。

 江戸城大奥育ちの代参犬・翁丸(おきなまる)、気ままな遊び人の辰五郎、実の親に捨てられた三吉、婚家を…

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文940文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. ネパール 登山家の栗城さん、エベレストで遭難か
  3. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
  4. アメフット 日大の悪質タックル 警視庁が捜査へ
  5. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]