メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外藤井七段、公式戦100勝達成
Topics

シンポジウム「日本画の所在」 東アジアの影響を検証 批評性の欠如に危機感

中国の岩彩画家、胡明哲氏(右)も登壇し、岩絵の具を使う自身の制作を説明した=東京・上野の東京芸大で、永田晶子撮影

 国家名が冠され、伝統的画材である岩絵の具と膠(にかわ)を主に使う日本画。その存在意義や歴史を「東アジア絵画」の視点から語り合う国際シンポジウム「日本画の所在」が東京・上野の東京芸大で開催された。2日間計13時間の報告と議論は現代の日本画が抱える問題も浮かび上がらせた。

   ■  ■

 美術史家や美術評論家らの私的研究会である日本画懇談会が企画。「歴史」「領域」「表現」の3部構成で画家や学芸員を含む15人が登壇した。

 なぜ中国や朝鮮半島を含む東アジアか。日本画は実は明治期に誕生した。フェノロサや岡倉天心が西洋絵画を…

この記事は有料記事です。

残り1015文字(全文1274文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  2. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  3. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査
  4. ORICON NEWS 2018年 今年の漢字は「災」に決まる  “平成最後”過去23年間分も紹介&解説
  5. ORICON NEWS 『本当に住みやすい街2019』大賞に赤羽 シニア編は大泉学園がグランプリ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです