メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

「メルヘン村」再生へ 九州のペンション村先駆け 震災の南阿蘇、道路整備で移住促進 /熊本

傾斜地の崩落を防ぐ土のうが積まれたメルヘン村の入り口

 2016年4月の熊本地震本震で被災した南阿蘇村河陽のペンション「メルヘン村」が現地で再生を目指すことになった。同村議会は6日の臨時議会で、敷地内の私道(長さ約362メートル)を取得して村道にする事業費960万円を承認した。メルヘン村の「風の丘・野ばら」は1979年に九州で初めて開かれたペンションとされ、メルヘン村は九州のペンション村の先駆けとなった。【杉山恵一】

 地震前は宿泊施設5軒、住宅4軒あったが、震度6強の本震により全11世帯9軒の建物は全壊し、斜面が大…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文571文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金曜ロードSHOW! 「ファインディング・ドリー」地上波初放送 ニモと暮らすドリーの冒険ファンタジー
  2. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  3. 大阪震度6弱 ブロック塀危険性 外部専門家が2度指摘
  4. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  5. 三井不動産 「名古屋三井ビル北館」着工を発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]