メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

世界同時株安 景気変調の不安、連鎖 米金利上昇引き金

大幅安を示す株価ボードの前で慌ただしく打ち合わせをする証券会社の担当者たち=東京都千代田区の大和証券で2018年2月6日午前10時2分、岡大介撮影

 米国に端を発した株価急落が、世界を一巡した。5日のニューヨーク市場では、米ダウ工業株30種平均が過去最大の下げ幅を記録。6日の東京市場も日経平均株価の下落幅が一時、1600円を超えた。米欧中央銀行の金融緩和が縮小に転じる中、緩やかな景気拡大のもとで続いてきた「適温相場」が変調するとの不安心理が、世界的なパニック売りの連鎖を引き起こした。【岡大介、ワシントン清水憲司】

 「売りが売りを呼ぶ、パニック状態だ」。6日午前、東京都千代田区の大和証券のディーリングルーム。同社…

この記事は有料記事です。

残り1925文字(全文2160文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  2. 個展 メディアアーティスト・落合陽一さん 新・近作15点紹介 渋谷 /東京
  3. 殺人 自殺装い弟殺害容疑 多額の保険、姉逮捕 堺
  4. 山梨・甲州の男性強殺 長野の畑に遺体 3容疑者を起訴
  5. クローズアップ2018 違法塀「人災」濃厚 認識に甘さ、命守れず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]