メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

池井優氏=岸俊光撮影

 韓国での平昌(ピョンチャン)冬季五輪が9日開幕する。核・ミサイル開発を続ける北朝鮮の選手団が参加し、韓国選手団と合同で入場行進する予定だ。文在寅(ムンジェイン)政権の南北融和路線を反映した政治色の濃い大会となる。五輪は「平和の祭典」と呼ばれながら、その時々の国際情勢の影響を受け、政治利用されてきた。「五輪と政治」を考える。

この記事は有料記事です。

残り4497文字(全文4660文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 焦点・働き方改革 首都圏・総合病院の医師悲痛 当直明けも分刻み 「長時間労働、野放し状態」
  2. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  3. 「18歳成人」に思う 性別変更、慎重に判断して タレント・KABA.ちゃん(49)
  4. 殺人 自殺装い弟殺害容疑 多額の保険、姉逮捕 堺
  5. クローズアップ2018 違法塀「人災」濃厚 認識に甘さ、命守れず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]